恐怖症克服ブログ 心理カウンセラー新田義治  > 女性恐怖症

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性恐怖症

女性恐怖症を克服!こうして思いを伝えられただけでも本当に良かったと思っています

----- ご購入の動機は何ですか? -----

ずっと視線恐怖症、女性恐怖症、醜形恐怖症でした。
たぶん学生のころから女の人(特に若い人)から顔が気持ち悪いと言われてきたので無意識的に女性恐怖症になったんだとおもいます。街にでても時々気持ち悪いと言われたことがあって大勢の人がいるところが怖くなりました。もうどうしようもないとずっと思っていたのですが最近インターネットでこのマニュアルを知りました。



----- 最終的にご購入の決め手になったことは何でしょうか? -----

このマニュアルを利用した方の感想を読んで、少しでも精神的に良くなるならと思い購入しました。



----- マニュアルを読んで実践してみた感想をお願いします。 -----

恐怖に感じていたものが少しずつですが、消えていくのを感じています。まだ女の人と接する時とか人が大勢いるところは少し怖いですが、それでも前よりだいぶ楽になりました。

なかなか恐怖症のことを他の人に話せずにいたので、こうした形で感想が書けて気持ちが楽になりました。こうして思いを伝えられただけでも本当に良かったと思っています。

今までは恐怖症でなかなか人との会話も上手く出来ずにいたので、もっといろんな人と会話して友達を作れたらなと思っています。将来的には少し英語も勉強していたので英語が活かせる仕事は無理でも、何かボランティア活動が出来たらいいなと思っています。

⇒⇒⇒恐怖症克服マニュアルの詳細はこちら をクリック!
スポンサーサイト

女性恐怖症

女性恐怖症を克服!とにかく恐怖症は改善できる!しかもわずか5分で!

----- ご購入の動機は何ですか? -----

いままでたった一つの女性に対する過剰な反応のためにどれだけの人生を無駄にしてきたことか・・・

そうです。17年間、この阻害感に苦しめられ精神科に行ってもそれは思春期の一部と相手にされず、親にも理解してもらえず(おそらく両親はこんなに苦しんでいたとは知らないでしょう)

女性の前ではばかにもされ、絶え間なく続く意識に何十時間も下を向いて苦しんだ記憶。精神安定剤を大量に飲んだ記憶。

地獄。あ~も~地獄です。


このページを見る前は、女性恐怖症を克服するために最後の手段と思いアングラな薬のサイトへとアクセスしていました。

結局薬しかない・・・。薬で感覚を鈍らせて克服だ。薬にお金をかけてきっと楽になれる・・・。

と、思い、悲嘆に暮れながらサイトをめぐっていました。

そして偶然にも先生のサイトを見つけ半信半疑ながらも購入してみました。


----- マニュアルを読んで実践してみた感想をお願いします。 -----

先生の文を読み、じわっと涙がでそうにもなり先生の言われる通りすべてを実行しました。

確かに怖いという考え方は消えませんが、”もやもや”っとした気持ちは5回ぐらいで消えていきました。・・・・ほんとうにこれでいいのかな?

そして今日、友達と昼食をとりに人気のバイキングへ行き、もうびっくり!

(人気のバイキングなので若い女性が多い・・ばれましたね。女性恐怖症です)、

身の回りに若い女性がいると意識してやまないのです。

しかしどうでしょう。「あれ?」なんにも感じない・・怖いという感じもやってこない・・

むしろ遠くからその女性はいったいどんな人なのか?この子の人生いい方向に行くかな?なんぞいままで考えもつかなかった考えが浮かび、恐怖どころかこの余裕。本当にびっくりしました。

これできっとうまく行く。そう確信しています。

これからも毎日実行して、よりよい明日を自分で見つけて行こうと思います。

へたくそな文章ですみません。もう少し喜びの文章が書きたっかったのですが文章が下手で・・どう書いてよいやら・・・

とにかく「恐怖症は改善できる。」 出来る! しかもわずか5分で!

これからも新田先生のビデオをみて毎日精進致します。(先生のやさしい口調と表情に救われました。)

ありがとうございます。

⇒⇒⇒恐怖症克服マニュアルの詳細はこちら をクリック!

プロフィール

新田義治

Author:新田義治
はじめまして。心理カウンセラーの新田義治です。私達は幸せになるために生まれてきました。その応援をするのが私の喜びであり愉しみです。⇒プロフィールの詳細はこちら

ブログ内検索

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。